>
群馬工芸美術会
群馬工芸美術展 群馬工芸美術会五月展 会員情報



群馬工芸美術展は、群馬の工芸美術の発展を啓蒙すべく、群馬県展(群馬県美術会)
の準会員以上の会員をもって、発足した群馬工芸美術会の主催する展覧会です。
隔年で開催し、既に33年の歴史を刻んだ伝統ある展覧会です。9部門の会員が
それぞれの世界を模索し確率すべく制作した作品を展示いたします。
●群馬工芸美術会五月展は2006年から隔年で開催しています。工芸美術の在るべき姿を
 模索し、鑑賞するだけでなく工芸の本来の目的である「使う」ことを意識した作品を展示
いたします。是非ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。



可視KASHI2023がノイエス朝日で2023年1月14日(土)〜22日(日)に開催。豊嶋康男さんが出品されますので、ご覧ください。
チラシ等詳細は会員情報に掲載いたしますのでそちらからご覧ください。
出品作品はこちらからもご覧いただけます。


第9回群馬工芸美術会五月展が5月15日(日)〜23日(月)にノイエス朝日で開催。
群馬工芸五月展をご覧ください。

各作家の展示作品はこちらからもご覧いただけます。


第20回群馬工芸美術展が2021年7月30日(金)〜8月4日(水)に高崎シティギャラリー第1展示室で開催されました。群馬工芸美術展の
項目から第20回群馬工芸美術展をクリックすると出品作家の作品がご覧いただけます。又こちらからもご覧いただけます。