>
群馬工芸美術会
群馬工芸美術展 群馬工芸美術会五月展 会員情報



群馬工芸美術展は、群馬の工芸美術の発展を啓蒙すべく、群馬県展(群馬県美術会)
の準会員以上の会員をもって、発足した群馬工芸美術会の主催する展覧会です。
隔年で開催し、既に33年の歴史を刻んだ伝統ある展覧会です。9部門の会員が
それぞれの世界を模索し確率すべく制作した作品を展示いたします。
●群馬工芸美術会五月展は2006年から隔年で開催しています。工芸美術の在るべき姿を
 模索し、鑑賞するだけでなく工芸の本来の目的である「使う」ことを意識した作品を展示
いたします。是非ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。



第9回群馬工芸美術会五月展が5月15日(日)〜23日(月)にノイエス朝日で開催。
群馬工芸五月展をご覧ください。


堀 昌子さんが日本現代工芸美術展に初出品し入選しました。おめでとうございます。
東京都美術館で2022年4月19日(火)〜24日(日)に開催。会員情報をご覧下さい。

平尾 卓哉さんの陶展がぎゃらりーFROMまえばしで2022年4月15日〜21日に開催。会員情報をご覧ください。

堀 昌子さんの個展が2022年4月13日(水)〜24日(日)にartspace&cafeで開催。会員情報をご覧ください。

第13回女子美OG展が2022年3月11日(金)〜16日(水)に高崎シティギャラリー第1展示室・予備室で開催。
群馬工芸美術会からは新井悦子さん・みずむらやよいさんが出品されます。DM表DM裏出品作品はこちらからご覧ください。

堀  昌子(shoko hori)さんが第20回NAU21世紀美術連立展 2022.年2.月9日〜20日 国立新美術館 NEW ARTIST UNIT EXIHIBITION2022に出品
詳細は会員情報をご覧ください。題名「静寂なおとぎの平和な月光」
紙を使用した立体作品。

可視KASHI2022がノイエス朝日で2022年1月22日(土)〜30日(日)に開催されます。豊嶋康男さんが出品されますので、ご覧ください。
チラシ等詳細は会員情報に掲載いたしますのでそちらからご覧ください。
展示風景を更新しましたのでご覧ください。

樺沢 均 陶展がノイエス朝日で2021年11月17日(水)〜25日(木)に開催されます。会員情報をご覧ください。
11月25日会場風景を更新しました。

 高崎染料植物園企画展 赤の力 Part2 紅板締め 高崎でよみがえった赤の技法
(講師:吉村 晴子さん)が2021年10月8日(金)〜12月5日(日)に開催されます。会員情報をご覧ください。

今井ひさ子さんよりHIKARI展の会場風景が届きました。会員情報の会場風景から、又はこちらからご覧ください。

第20回群馬工芸美術展が2021年7月30日(金)〜8月4日(水)に高崎シティギャラリー第1展示室で開催されました。群馬工芸美術展の
項目から第20回群馬工芸美術展をクリックすると出品作家の作品がご覧いただけます。又こちらからもご覧いただけます。

第8回群馬工芸美術会「ノイエス」展が7月21日(火)〜29日(水)にノイエス朝日で開催。
群馬工芸美術会五月展の項目にDM及び第8回群馬工芸美術会ノイエス展の出品作家作品を掲載したのでご覧ください。
第8回群馬工芸美術会ノイエス展をクリックすると出品作家の作品がご覧いただけます。